モバイルwifiの3つの制限について

モバイルwifiは誰もが切望してきた、外出先でもネット環境を!という願いを実現してくれた、素晴らしい製品だと思います。しかし、モバイルwifiも万能ではなく、実際にはいつでもどこでも・・・というわけにはいきません。

今回はモバイルwifiの制限についてというテーマでお話ししていこうと思います。表の部分だけを見るのではなく、デメリットを知り掘り下げていく事で、自分に必要なものなのかどうかという迷いは払拭されます。わたくしと一緒にモバイルの制限についてみていきましょう。それでははじめようと思います。

【制限その1:通信速度】

ワイマックスは無制限ですが、その他のキャリア(携帯電話会社)が提供しているモバイルwifiには通信速度制限という規制があります。ドコモの場合だと、クッロシィには3gb・7gb・500mbの3つのプランがあり、500mbは子供用に設定されています。

7gbとなると、かなり豊富な容量の通信規制となるので、毎日重い動画を見ているなどなら別なのですが、通常の使用で使い切る事は考えにくいと思います。あまり使わない人なら3gbのXiパケ・ホーダイライトというプランがありますので、そちらをおすすめします。

ドコモの場合はこの制限を超えると、通信速度が128kbpsとなってしまい、インターネットを使用して何かしらの作業をする人は、向いていません。もちろん動画なども途中で固まりますから見れなくなってしまいます。

この制限を超えてしまった場合でも、2500円支払えば2gb追加できるサービスもありますが、4gbなら5000円、更に必要となると7500円・・・となると、とても経済的だとは言えませんね。通常の使用でここまでいく事はないと思いますけどね。

【制限その2:○年縛り】

モバイルwifiには契約する際に通常2年間(ワイマックスは1年)契約しないといけません。毎日使う人には問題ないかもしれませんが、モバイルwifiは場所によってまったく電波が入らないところも少なくありません。契約後、引っ越して自宅で使えないなどとなると最悪です。こういった制限があるのも事実です。

【制限その3:バッテリー】

モバイルと言う以上、固定回線のように、電源をとれるわけではないので、ルーターはバッテリー稼働になります。いくら大容量のものが出ても、やはりこまめに充電をおこなわないといざという時に使えないのでは意味がありません。

この制限は、もうひとつ予備の外付けバッテリーを持つことで、解消されます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ