auについて

モバイルwifiの導入を考えている方は、当然auも視野に入れて検討していると思います。ドコモ、ソフトバンク、au、イーモバイル、uqコミュニケーションの5つは一通り比較してみた方が良いでしょう。

今回はその5つの中でも、auのサービスの種類と特徴についてフォーカスしてみていきたいと思います。消去法でひとつずつキャリアを消していくと、自分に最適なモバイルwifi環境を手に入れる事が出来ると思いますので、是非この記事をご活用いただけたらと思います。それでははじめようと思います。

【サービスの種類について】

Auのモバイルwifiには3種類のサービスがあります。ひとつめのノーリミットモードですが、こちらはワイマックス回線で速度制限を無視して使用する事が出来ます。下りは40mpsで、一般的に使用する分には十分な速さです。

次にハイスピードモードと呼ばれる、wimax2+のタイプは、ワイマックス回線も2+の回線も両方使えます。現在もどんどんエリアが拡大しておりますので、今後さらなるエリア拡大が期待されています。

ハイスピードモードの場合は、25か月間は速度制限がありません。それ以降は7gb以上になると速度制限がかかりますのでご注意ください。(スマートバリューmineというプランに加入すれば、25か月後も通信速度制限を受けずに使用する事が出来ます)

最後のプランが、ハイスピードプラスエリアモードと呼ばれる4GLTE回線によるプランです。通信速度制限は7gbで、wimax2+の回線と4GLTEの両回線での接続を可能にしております。

【4つのモバイル通信料金について】

Auwifiには4つのプランがあり、wimax2+フラットfor Data(4196円)、Winシングルフラットwimax(シンプル:3696円)・WINシングル定額wimax(シンプル・5477円定額)Packetwinシングル(定額制1600円)の4つとなっております。

【サービスの特徴について】

Auのポケットwifiはワイマックスと同じ回線を使っているために、「通信制限速度なし」という理想的なサービスを提供してくれています。受信最大(下り)110mbpsという速度も実現しており、ワイマックス2+・ワイマックス・4GLTE回線の3つを使ってネット接続する事が可能なので、かなりの広範囲で快適にネット環境に接続する事が可能です。

通信速度の制限がないのは、現状ワイマックスだけであり、それに目を付けたauの着眼点は秀逸です。4GLTE回線でのネット接続でも下り最大75mbpsとなっているので(実際の使用ではもっと落ちる可能性があります)仮にワイマックスのエリアがつながらなくても、4G回線に切り替えて使えば、問題なくネット環境を携帯する事が出来ます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ