モバイルwifi・固定回線との違い・メリットとデメリットについて

モバイルと固定回線の違いは、インターネット上でもよく議論が交わされています。結論から言うと、これは利用者の使用環境によって大きく変わってきますので、快適なネット環境を手に入れるためにどちらが良いのかは、その人によります。

ただ、モバイルと固定回線の相違点やメリットとデメリットについて深く掘り下げて行けば、自ずと自分の生活にはどちらが向いているのかが見えてくると思いますので、わたくしと一緒に理想のネット接続環境を見つけましょう。それでははじめようと思います。

【モバイルと固定回線の違い】

これは、いくつかありますが、根本的な違いは、モバイルの場合はどこでも使えます。逆に固定回線の場合は、回線工事をおこなっている場所でしか使えないため、そこから出てしまうとネット環境から外れてしまいます。これが大きな相違点になります。

最近はスマホやタブレットの進化により、キャリア(携帯電話会社)の3G回線やLTE回線でインターネット接続が可能なため、固定回線だけを選んでも致命的な問題になる事はありません。ただ、利便性について言えば、モバイルwifiを選ぶ方が、圧倒的に高いでしょう。

スマホやタブレットでの作業効率と、パソコンでの作業効率では雲泥の差が出ます。lスマホの画面は大量の作業をこなすには小さすぎるし、タブレットだと、ノートパソコンほどの、タイピングや、多彩なアプリケーションを利用する事、ファイルの観覧も不可能になってきます。スマホやタブレットの場合は、オフィスにすら対応していません。(Quick Officeなどを利用すれば編集や観覧は可能です)

つまり、パソコンとモバイルwifiでネット環境をつくらないと、本格的に作業したい人には向いていません。ほどほどの使用であれば、固定回線+スマホで事足りるでしょう。

【モバイルのメリットとデメリット】

メリットはやはり携帯性です。どこでもネットにつなげるというのは、最大のメリットであり、固定回線のように取り付け工事も必要ないので、ルーターが来た日から使用する事が出来ます。引っ越しや出張先での使用に大いに効果を発揮するでしょう。

デメリットは、バッテリーの持ちと、接続が電波状況により安定しないという事です。あとは2年縛りなどもあるので、ネットがつながらない場所に長期滞在する場合は辛いですね。

【固定回線のメリットとデメリット】

固定回線のメリットはなんといっても安定した接続速度と接続環境です。デメリットは、モバイルのようにどこでも使う事は出来ず、自宅なら自宅だけという条件付きですが、安定して接続できるという環境には代えられないようにも思えます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ