固定回線とモバイルを両方導入する

費用はかさみますが、両方使用するのがやはり最強です。光回線の固定回線と出張先や気分転換にファミレスで仕事したい場合などは、モバイルのネット環境があればどれだけ便利かなとは思います。

【モバイルの利点は場所移動による気分転換できる事】

わたしは自宅がオフィスなので、一日中自宅の一室で仕事をしていると、飽きてきます。エコノミー症候群に近いものがあるのですが、一定の姿勢でデスクワークをおこなっているため、緩急を意識して加えて1時間おきに筋トレをしたり、ヨガをやったりと強制的に変化を加えて行かないと、血流が悪くなり肩こりや首こり、眼精疲労の原因にもなりますし、何より仕事をやっている自分に飽きてしまいます。

そういう時は、環境を変えると、かなり気分転換になります。また、人間はあまり静かな無音状態だと逆に細かい音などにストレスを感じたりするので、集中できないので、ファミレスやカフェの適度な雑音がある方が仕事もはかどります。

モバイルWi-Fiを導入出来れば、この恩恵を享受する事ができます。確かにモバイルと固定回線両方を併用すると経済的な問題に直面します。しかし、絶対にネットにつながるという環境は、思った以上に心強く、生活も非常に効率的になりますので、コストパフォーマンスは決して悪いとは思いません。

【確実なネット環境ならやはり固定回線も導入しましょう】

モバイルだけでネット接続をしている人は、たとえば家を引っ越したら立地の問題で突然ネットがつながらなくなった・・・とか。取引先の書類をタブレットで観覧しなければいけないのに、モバイルだけしか回線を持っておらず、電波状況で見れないという事もあるでしょう。

その安心感を買うという言と、実際に利便性はものすごくアップしますから、生活も便利になります。地方の場合だと、モバイルのエリア外である事も少なくなく、光回線のように安定して使えるわけではありませんので、経済的な問題がクリアできるのであれば、どちらも持つのがベストです。

また、両方持つと可能性が格段に広がります。たとえば、旅行先のホテルでネットが使えないという事はまだまだよくあります。家族連れの場合は、子供がゲームをオンラインなどで使用する場合もあるでしょうし、旅行先でネットがつながれば情報収集やナビにこれほど頼もしいガイドはありませんよね。

また、わたしのようにインターネットがないと仕事が出来ないような人は、オフライン環境にい続けると、ネットがない環境に不便すぎてストレスがたまります。たまにネットから離れて休むのも良いのですが、あまりに長すぎると逆にNGかなと思います。

サブコンテンツ

このページの先頭へ