モバイルWi-Fiのメリットとデメリットについて

技術の進化はすさまじく、一昔前のモバイルWi-Fiと比べて、最近のものは速度もエリアもかなり進化を遂げ、デメリットが見つけにくくなってきました。今までは圧倒的に固定の光回線をすすめてきたわたしですが、今はモバイルの方に気持ちが傾きつつあります。それだけモバイルの進化には目を見張るものがあるからです。

今回はモバイルWi-Fiのメリットとデメリットについてお話しさせていただこうと思います。モバイルの魅力は知っていけばいく程、その素晴らしさに取りつかれていくと思います。モバイルの魅力とリアルな実体験から感じたデメリットについて触れていきます。

【モバイルのメリットについて】

わたしは最近引っ越しを検討していました。仕事でインターネット環境が必要なため、光の固定回線と契約しようと考えていたのですが、わたしが予定していた引っ越し先は、地形が特殊なために、光回線が入りませんでした。ADSLは入るのですが、仕事の都合上、大量のサイトを観覧したりするために、通信速度が遅くなると仕事量に直結してしまうわけです。そのため光回線は必須でした。

この問題を解決してくれたのが、ドコモのクロッシィでした。(もちろん他社のモバイルでも問題はありませんが、わたしの引っ越し先ではドコモ以外は高速回線が入りませんでした)やはりドコモの電波はすさまじく、光回線ほどの速さではなくとも、準ずるスピードをしかもモバイルで得られるので、かなり助かりました。

また、光回線の工事は早くて2週間から平均1か月ほどの取り付け工事の時間が必要になります。その前にも事前に光回線を開通できるかどうかなどの調査も必要になってきたりと、結構面倒なんです。

しかし、モバイルは申し込んでモバイルルーターが届いたらすぐに使用する事が出来ますので、工事なども必要ありませんから、仕事の都合で転勤が多い人や、移動する事が多い人は、モバイルの方が利便性は圧倒的に上です。

【通信速度規制とバッテリーというデメリット】

最近は長時間耐久できるバッテリーも登場してきましたが、それでもまだ不安は残ります。また、ドコモに限らず、1か月の間に○gb以上の接続をおこなうと通信速度規制が生じてしまい、接続スピードが遅くなるというデメリットがあります。他社でも同じように通信速度規制は設けています。追加料金を支払えば、設定された容量以上も使えますが、高額なので、毎月追加するのは経済的ではありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ