MVNO選びの重要性について

MVNOとはMobile Virtual Network Operatorの頭文字をとった略語で、携帯電話会社が提供している無線通信システムを借りて新たなサービスを展開する業者の事を指します。まだ国内にも3、4社しか展開しておらず、このサービスを導入する事で、更なる利用者の拡大が見込めます。

【MVNOの魅力とは一体なんなのでしょうか?】

モバイルでのインターネット環境をおこなう上で、一番ネックになる要素のひとつが、料金だと思います。MVNO事業者のサービスを利用すれば、格安料金で、モバイルでのネット通信が可能になるわけです。

また、通信量や通信速度によって、通信料金を安くあげる事も可能なのも魅力です。LTE回線を使っていの契約であれば、通常ドコモの場合は、クロッシィのパケホーダイライトと月額使用料をあわせても6000円以上はかかりますが、MVNOならミニマムモードで、月額なんと945円!ライトスタートのプランでも1596円と超お得になります。

後者のプランでも上限がプロバイダー料金込みの上限2gbとなっていますので、ちょこちょこしかインターネットを使わない場合は、この上限でも十分だと思います。もっと使用条件が落ちるものであれば月額500円以下のものもありますので、ぜひ一度検討されてみてはいかがでしょうか。

【MVNOのデメリットについて】

この通信サービスを提供するのが、今はドコモだけなので、ドコモ以外の端末は利用できないというデメリットもあります。またはシムフリーのスマートフォンやモバイルルーター、タブレット端末であれば使用する事も出来ますが、一般的にシムフリーのものは、かなり欲しがる人が多いため、端末の価格も跳ね上がります。

また、一般的にガラケーで使用できるサービス(iモードやキャリアメールなど)も使用できませんが、メールの場合はGメールなどのフリーメールアドレスを取得すれば問題ないので、大丈夫です。

そして、MVNOのシムでは音声通話が出来ないので、Gメールなどでメールしたり、ラインやカカオトークなどのアプリを使って電話しないといけないので、その点も注意が必要です。

【一般的なキャリア以外の端末も使用不可】

MVNOはドコモかシムフリーの端末以外は使用できませんが、一部改造してMVNOが使用できるようにしている端末があります。これらは利用上に問題があり、場合によっては法律で罰せられる可能性も出てくるので使用は避けましょう。

現時点では、ソフトバンクやauもシム解除はおこなっておらず、そうなると現実的に考えるとMVNOが使えるのはドコモのスマホに限定される事になります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ