モバイルワイファイの通信速度規制について

モバイルワイファイは、ネット接続が可能なエリアと月額料金の2つで選べばいいです。ただ、細かく見ていくと、この2つを満たしていても、自分の条件に見合わないケースが出てきます。そのひとつとして、「通信速度規制」です。

たとえば、ドコモのモバイルルーターですが、1か月に7gb以上のデータを通信すると、通信速度に規制がかかり、接続が滞ったり、使い物にならないほど遅くなったりします。追加料金を払えば更にもう2gbほど使えるなどというサービスも提供してくれているのですが、ドコモのモバイルワイファイのネックは、値段の高さにあり、経済的とは言えません。

元々の値段が高い上に7gb以上使う場合は、かなりの負担額になりますから、その点は注意して契約しなければいけません。ただ、ドコモの接続可能なエリアの広さはやはりさすがと言ったところで。わたしの知り合いは、東日本大震災の時に、他社は全然入らなかったのに、ドコモの携帯だけは電波が入ったようで、ここぞという時にネットがつながらないようでは、意味がありません。

エリアの強さならやはりドコモだと思います。ドコモは離島などでも入りますし、接続環境だけで見るのであればドコモは非常に優秀だと言えるでしょう。

【通信速度に縛られたくないのなら】

通常ドコモが提供してくれている7gbという制限は、一般的なネットの使用では、十分すぎるくらいのデータ容量です。しかし、わたしのように1日15時間近くインターネットを使っているような人からすると、これはものすごい大きなネックになります。

また、使い方や使用環境にもよるのですが、動画ばかりをフルHDの大画面で1日に15時間見ていたら、7gbは軽く超えてしまいます。動画を見ている最中にいちいち止まっているような使用状況では嫌気がさします。

単純なネットサーフィンだけであれば、長時間使用しても制限ないでいけると思いますが、将来的にかなりの時間、インターネットを使用するというのであれば、ワイマックスを選択すべきでしょうね。

【ワイマックスの特徴について】

ただ、ワイマックスは都心部以外は電波が入らず、地方の方や特殊な建物内で使う場合などは、おすすめしません。実際に試してみないと入るかどうかはわかりませんが、都心部や繁華街に住んでいるのであれば、常時高速回線で接続できるワイマックスはかなりおすすめできます。ぜひ検討されてみてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ