固定回線かモバイルWi-fiか?最適なネット環境を選択する方法

モバイルを常用している人の中には固定回線はもう必要ないという人もいます。確かに昨今のエリア拡大や高速回線接続の進化は目を見張るものがあり、使用用途によっては、モバイルの方が使い勝手が良いという人もいると思います。

両方あるのが理想なのですが、どちらもそれなりの値段がするので、経済的だとは言えません。どちらにも長所と短所があり、どちらかひとつに絞ると、かゆいところに手が届かないという不便性に困ってしまいます。

今回は固定回線とモバイルWi-fiの違いについて、メリットとデメリットを比較し、どちらを利用すれば良いのか一緒に答えを見つけていきましょう。それでははじめようと思います。

【固定回線に向いている人】

固定回線の使用に向いている人は、2タイプに分かれます。ひとつ目が、インターネット回線を家以外で使わず、携帯やスマホで十分に対応できるというタイプです。ネット依存という言葉まで浸透してきた現代のネット事情ですが、どっぷりつかっている人ばかりではありません。

若い世代の人たちでもインターネットなしで生活している人も(マイノリティにはなりますが)いて、こうゆう人は固定回線のADSLでも十分かなと思います。通学中や、通勤中の電車を待っている間に動画を見たいなどなら、スマホと固定回線で十分です。

2タイプ目が、インターネットが生活に必要不可欠なものになっている人です。モバイルの場合は、接続が安定せず、エリアによってはまったく入りません。また、バッテリーの問題もあるので、長時間の使用には向いていません。

わたしのようなインターネットを使ってデスクワークというタイプの人には、光回線による高速接続と欲を言えばモバイルも欲しいですが、現状は光の固定回線だけで事足りています。仕事で使う場合は、速度も重要なので、とにかく最速のものを選び、安定して接続できる環境を選びましょう。

【モバイルに向いている人】

モバイルの良さはやはり、電波さえ届けば、世界中どこにいても接続できるところです。旅行先や移動先でもネット環境を探す必要もありません。多くの仕事は、スマホでは効率が悪くサポートしていない観覧出来ないファイルなども多数ありますので、ほぼ不可能です。となるとやはりパソコンでのネット環境が必要となります。

また、自宅にいるよりも移動している事が多いような人は、モバイルWi-fiを利用すべきでしょうね。このように、自分の生活にどの回線が最適化を照らし合わせていくと答えは見つかるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ